なぜSOZONEXTが選ばれているか?

私たちが実現する「Real estate as a Service:RaaS」とは

私たちSOZONEXTは、国内外有数の金融・流通分野などの企業様向けにコンピュータ・システムを受託開発しながら国内外大手企業との事業提携を成功させたITチームをはじめ、不動産・マーケティング・地域創生事業など各分野の第一線でリーダーシップを発揮してきた人材が集結し、新しい価値を創造(SOZONEXT)する企業です。

昨今の不動産事業環境においては、不動産をシングルアセット(単一の資産)ではなく、国内外利用者の需要の変化に対して柔軟に用途変更しつつ、場合によっては多くの各種不動産(ビル・空き家・別荘・旅館・キャンプ場・古民家・駐車場など)をリアル&オンライン融合によってシームレス(Seamless)に連動させて利用することが求められています。

私たちは、今後のこのような不動産サービス「Real estate as a Service:RaaS」(RaaS)を実現するために必要となる、確固たるIT実績とノウハウ・国内外利用者の集客力・不動産事業経験・柔軟性・創造性・遵法性などを兼備しています。

今後は、私たちが独自開発するシステムに加えて、数多くの海外企業が安定利用中のシステムをベースに独自システムを開発し、例えば世界70億人を市場としたオンラインツアー・越境ECのご支援、及び、それを通じて空き家対策や地方経済活性化などの地方創生、国際間取引の活性化などに貢献することも可能です。様々な課題を解決してきた私たちが、これからの不動産サービス「RaaS」をご提案します。

 

私たち株式会社SOZONEXTは、企業・個人様が所有する大切な不動産に関して、日本各地で現在300戸以上(2021年10 月時点)の運営・管理・資産価値向上のご支援をさせて頂いております。蓄積された知識を活用(ナレッジマネジメント)し、別荘や空き家物件を含めたSOZONEXT式「Real estate as a Service」(RaaS)による不動産の運営・管理・資産向上のご支援を致します。

宿泊施設運営代行サービス「@Host」に加えてSOZONEXT独自の「ソフトウェア・アズ・ア・サービス :SaaS」と「RaaS」とを融合させることにより、遊休資産の運営設計、必要に応じた許認可取得、運営・管理支援、コンシェルジュデスク、オーナー様への定期報告、建物の改築を含めた資産価値向上、資産集約・入れ替えなどのご提案に至るまで、ワンストップで対応が可能です。

AdobeStock_255634402.jpeg
宿泊施設運営代行サービス
アットホスト紹介図.jpg
 
AdobeStock_424018250.jpeg

宿泊施設運営に必要となる各種プロセスに対応した独自のSaaSシステム「Link-PMS」は、的確な資産運用はもちろんのこと、物件の属性や稼働管理など様々なデータ分析が可能です。また優れた周辺サービス/グローバルシステムとのAPI連携により、幅広くOTAサイトなどの利用が可能になります。

これにより、事業運営者様や不動産投資家様における、運営・管理サービスレベルの向上に貢献可能です。

多様化する市場動向の影響によりグローバル・スタンダード化したシステムをベースに、短期間かつ低予算でシステム開発を実現して新規事業を開始したり既存事業の再編をした企業が、今後ますます成長することが予測されています。

私たち株式会社SOZONEXTの経営基盤の一つが金融・飲食・流通などの分野で確固たる実績を持つコンピュータ・システム開発会社のITテクノロジーです。その基盤を軸に国内外大手企業様の新規事業開始時に最も重要な「システムの実装実験とパイロット運用」に関する業務を数多く受託して参りました。今後はそれらのナレッジマネジメントにより、私たちSOZONEXTとして独自の不動産サービス「Real estate as a Service:RaaS」(RaaS)をご提案させて頂きます。

  • 大量物件運営に適した施設管理システムによるローコスト運営の実現

  • 各種OTA及び外部システムとのAPI連携

  • 売上管理から支払管理まで複雑な業務を一元管理

  • 様々なデータ分析を行い、適切な判断でオーナーに改善提案

  • オーナー管理画面にて運営可視化

linkPMSイメージ図.png
linkPMS.png

先端IoT事業
Our service

 

私たち株式会社SOZONEXTは、バケーションレンタル物件の無人運営管理上の大きな問題である、騒音・不正利用・安全面管理・湿度温度管理などの解決の一助になる、先端IoT機器のご提供を開始致しました。更に、全国どこの施設でも、施設のジャンルや施設数を問わず、複数施設をリモートで無人運営が可能となる先端 IoTプラットフォームシステムの開発も開始致しました。

 

このシステム開発により、施設の運営管理側は、いつでも・どこでも(Anytime・Anywhere)施設内外の状況を可視化することが可能になります。

更に、大量のデータを蓄積することによりビジネスインテリジェンス(BI)ツールやAI機能をフル活用できるようになりますので、より一層、お客様における継続的な建物の価値向上のためのマネジメントと収益向上に貢献できるようになります。

 

SOZONEXTは、大手金融会社様や大手通信販売会社様をはじめ、様々なお客様のために不具合が許されないシステム開発を行なっております。それに加えて、先端テクノロジー活用の不動産サービス(Real estate as a Service:「RaaS」)のご提供体制を統合することで、今後もバケーションレンタル業界において、様々なイノベーションを起こして参ります。

メディアに掲載された下記の対談記事もご覧頂くことによって、グローバル市場においても競争優位性が高いSOZONEXTの「先端IoT x RaaS」ソリューション等についてもご理解頂けると存じます。

「不動産業界のIoT活用シーンの革新なるか:IoTプラットフォーム×AI×エコシステムを実現へ」

先端IoT事業